会員登録はこちら!
HOME << おすすめ宿 << おすすめ宿レポート
おすすめ宿レポート
文珠荘

天橋立温泉 文珠荘で
カニを味わい尽くす

宮津温泉のある宮津駅から列車でおよそ5分。
天橋立駅から歩いて5分ほどのところに文珠荘は佇んでいます。
「和のリゾート」とうたっている通り、
館内に一歩足を踏み入れると暖炉を配したロビーや

6.jpg
運河を望むラウンジと

07.jpg

リゾート感溢れる空間が広がっていました。
各部屋へと導く廊下は畳敷きで素足でも心地よい肌触りです。

通されたお部屋は雪月花棟の1階。
運河に面しており、そのまま庭園へ出ることができます。
8.jpg

10畳の和室にソファースペースが設けられ、
ゆったりとした空間を確保。
バスルームには、化粧水や乳液、シャンプー&リンス、
コットンなどが用意され、アメニティーも充実しています。

まずは、夕食前にひと風呂。

10_2.jpg
大浴場「智恵のゆ」で天橋立温泉をいただきました。
大きな湯船を配した内湯に

10.jpg

「日本茶庭園」を設えた露天風呂。
いずれの湯船にも温泉がたっぷり注がれています。
湯触りはさらりとしており、
湯温は熱過ぎずぬる過ぎず、ちょうど良い塩梅。
半身浴をしたり、全身浴をしたり、ゆるゆるお湯を楽しみました。

そして、おまちかねの夕食。
冬の日本海の味覚といえば、松葉ガニです!
ということで、カニ刺し、カニすき、焼きガニ、茹でガニ......。
まさにカニ三昧のカニ会席をお部屋でいただきます。

11.jpg

カニ刺しは、ぷるりとしており、
口いっぱいに肉のあまみが広がります。
目の前で仲居さんが焼いてくれる焼きガニは、
部屋中にふんわり漂う香りもまたご馳走。

12_1.jpg
カニのうま味がしみ出したカニすきも、
そのうま味をご飯の一粒一粒に閉じ込めたカニ雑炊も
どれも美味!

13_1.jpg

適度に脂がのった但馬牛の陶板焼きが、
まるで箸休めのような状態で、贅沢なコースです。

13.jpg

カニ会席が登場するのは、11月上旬~3月中旬まで。
日本海の冬の味覚を味わいに、足を運んでみては?

京都府・天橋立温泉 文珠荘
電話:0772-22-7111
1泊2食付き2万3,250円~(2名で宿泊の際の1名料金。税・サ込)
ホームページは コチラ

 
 
(取材・執筆 川崎 久子)